Event is FINISHED

第1回 L会 ウィズコロナ×SDGsで、あなたは何を語る?

Description
※「L会(エルかい)」は、ローカルSDGsネットワーク主催のオンラインイベントで、
毎回テーマを変えて定期開催していく予定です。

緊急事態宣言が解除により長かった自粛生活もトンネルを抜けました。
とはいえ、元の生活にそのまま戻るわけではなく、新しい生活様式を模索しながら様々な活動が再開されています。
私自身、毎日子どもたちと過ごし三食を作りながら、自粛期間に起きたこと、考えたこと、いろいろあってモヤモヤしています。
このモヤモヤを他者に話すことで自分の頭を整理しつつ、ウィズコロナとSDGsについて、私たちと考えてみませんか。
一般社団法人ローカルSDGsネットワークの共同代表2人によるトークセッションののち参加者同士で対話する時間をご用意します。


日時:6月15日 20時~21時半
場所:オンライン(Zoom)
    ※参加申込者にURLをおしらせします。
料金:無料
申込:Peatixよりお申し込みください
内容:
 ◯前半:一社ローカルSDGsネットワーク共同代表の二人
     佐々木と木下による対談(雑談)約30分
 ◯後半:参加者同士の感想共有、みんなで意見交換
     小グループに分かれて→全体で

スピーカープロフィール
一般社団法人ローカルSDGsネットワーク共同代表
・佐々木幸雄
静岡市役所に20年間勤務し、医療行政、情報公開・個人情報保護、市税滞納整理、生活保護、市民活動(NPO)支援業務などを歴任したのち40代で早期退職制度を利用して独立。在任中に慶応丸の内キャンパスに通い人材開発を専門的に学びつつ、自らの知識と経験を活かした体感型SDGsワークショップを開催するなど幅広く活動。その他、レゴ®シリアスプレイ®、メソッドと教材を活用したワークショップ、PLAYFOOL Workshopなどクリエイティブなワークショップも開催している。

・木下聡
一般企業に5年間勤務した後、青年海外協力隊に参加し、モンゴルで環境教育隊員として2年間活動。帰国後、国際協力NGO難民を助ける会[AAR Japan]に入職し、東日本大震災の被災地支援やミャンマーの国内避難民や障がい者支援事業を担当。また、企業との連携を1年半にわたり担当。2018年夏にAAR Japanを退職してからは主夫として子育てをしながら、フリーランスファンドレイザーとして静岡を拠点にNPO支援やSDGsの普及活動などを行っている。

[PR] Recommended information